TOP > 人妻の不倫パートナー

人妻の不倫パートナー

人妻の画像

「ポールさん、久し振り」伊勢佐木町の行きつけのバーに入ったときです。

カウンターで飲んでいた女性が声をかけてきました。

ポールの店と同じ通りでネイルサロンを経営している29歳の女性です。

彼女を仮にネイルさんと呼ぶことにしましょう。ネイルさんは小柄でとても肌が綺麗です。

美人というわけではありませんが、メイクやおしゃれがとても洗練されていて、なにより人当りが柔らかい。

ポールはそこが好きです。でもスポーツインストラクターをやっているマッチョな旦那がいます。

つまり、人妻なんです。以前ポールは女性をセックスまで持ち込む条件として「タフであること」を挙げました。

でも、それ以上に大切なことを忘れていました。それは「沈黙力」です。

「他言しない力」。男はなによりまず「口が堅く」なければいけません。仮にある女性と酔った勢いでホテルに入ったとします。

でも、そのことは誰にもいってはいけません。男が「あの女とやっちゃった」と言いふらすのは、結局のところそれを自慢したいからだけなんです。でもそれは女性にとっては大迷惑です。

お互い同意してセックスしただけなのに「酔った勢いで男とやる女」というレッテルを張られてしまいます。

そして、当然ですがそのレッテルは女性にとって、とってもリスキーです。ポールは「それじゃ女が気の毒だから黙ってろ」といいたいのではありません。

繰り返しますが女性の立場はリスキーです。だから女性はまず「口の軽い男」を警戒します。「昨日あの女とやっちゃってさあ」なーんて軽口を叩いている男には、いずれ女性が寄ってこなくなります。

だからポールは自分に沈黙を強いているわけです。なぜ突然こんなことを言いだしたのかというと、じつは半年ほど前、ポールは一度だけネイルさんとセックスしたことがあるからです。

(ってポールもこのブログで軽口叩いてますね。でも、相手が誰だかわからないからいいですよね。「王様の耳はロバの耳!」と一緒です。

このブログは井戸に向かって書いているんです)

パートナーの画像

それはまさに酔った勢いで起こったことでした。でもポールは二人に起こったことを悪友にも店のマスターにも、飼っている猫にも、そう、世界中の誰にも話してません。ときどきネイルさんと近くの通りでばったり会っても、それまでとまったく同じ態度で通しました。

もちろん二度とメールしたり電話したりもしていません。二人の間に起こったのは、紛れもなく「酒の上でのこと」だとよく自覚していたからです。

ネイルさんはポールとの一夜限りの情事を後悔しているのかもしれないんですから。

でも「沈黙」を通したことでネイルさんから「ある信頼」くらいは得られたと思います。

久しぶりに再会したその夜も、一時間ほど楽しくおしゃべりをした後、ネイルさんはポールを残して店を出ました。

それから十分後、ポールにメールが届きました。送信してきたのはネイルさんです。

「ポールさん、よかったらこれからカラオケ行かない?」

LINEの画像

どうやらネイルさんは半年に一度くらいの周期で「酔った勢いでポールとやりたくなる日」が訪れるようです。

結局、その夜もカラオケの後、二人でホテルになだれ込むことになりました。ここだけの話ですが、酔ったネイルさんはすっごくエッチです。マッチョな旦那はチンコがとっても粗末なんだそうです。

チンコに限ってはポールの方がずっとマッチョだそうです。

「ああ……! 大きい……! 大きい! ポールさん、大きい!」

あの、ネイルさん、人妻がそんなはしたないこといいながらお尻振っちゃだめですよ。

「ちょうだい! もっと、もっと! あ、ああ! 奥までちょうだい!」 

でも、どんなに乱れても大丈夫。そのことはポールは誰にもいわないからね。

不倫願望のある女性が多いサイトの詳細(格安で遊ぶ方法などを解説中)

不倫の投稿が多いサイトを抜粋してみました

人妻の写メール 大人の男女関係を希望してます♪私は、ななと申します。
実は旦那の仕事が忙しくて、スレ違いの生活で、早く帰ってきてもすぐに寝て全然相手してもらえず、 夜の営みもなく寂しい日々を過ごしています。こんな生活を抜け出して、刺激のある出会いをしてみたいです。
普段はおっとりとした性格ですが、ベッドの上では性格が変わるねって言われます。
優しさと明るさなら負けないので、それで癒せたらな〜って思っています。
こんな私でよければ連絡してもらえたら嬉しいです。待っています☆

ハッピーメールやYYCには、こんな素人女性の投稿が沢山あります。
これらのサイトの特典やどんな女性が多いのか?コチラのページで紹介してます。

上記の投稿はハッピーメールの福岡エリアに掲載されていた女性会員の投稿内容です。コピペしてみました。